efoでユーザーの離脱を防ぐ!最適化を行うことで得られるメリット

ユーザーからの問い合わせや申し込みを受け付けるときに重要になるのがefoです。efoの最適化を図ることで、自社とユーザーの双方が良い効果を得られる可能性が高くなるでしょう。しかし、具体的なメリットを知らなければ、この作業に取り組みたくないと感じる人もいるかもしれません。

そこで今回はefoの最適化で得られるメリットを紹介していきます。


ユーザーの途中離脱が減少する

使いやすいエントリーフォームと使いにくいエントリーフォームでは、どちらが最後まで情報を入力してもらえるでしょうか。例えばショッピング系のウェブサイトを運営しているときに、重要なポイントがユーザーの情報や購入方法の入力ページです。

手に入れたい商品を購入するときに、エントリーフォームに文字を入力してもエラーが頻発してしまうような状態ではユーザーの購入意欲が失われる可能性があります。場合によってはユーザーが途中離脱してしまうケースも考えられます。

このような状況を改善するためにエントリーフォームの最適化が重要になります。エントリーフォームの最適化を行うことで、入力時におけるエラーの頻発を改善できる可能性が高いです。エラーが出てしまうような状況でも、何が理由でエラーが起きてしまっているかを説明してくれるようなエントリーフォームを作ることができれば、ユーザーの途中離脱を防げるケースは増えるでしょう。

スムーズな入力を実現できる

efoはスムーズな入力が可能になるというメリットもあります。例えば住所の入力は文字数が多くなってしまうため、入力に時間がかかってしまいますが、efoを行うことで郵便番号を入力するだけで住所が自動で入力されるようなシステムを作ることができます。

郵便番号に関して言えば、ハイフンを省略しても、住所を判別してくれるような仕組みも導入できます。他にもユーザーが面倒だと感じてしまう可能性が高いものでは、アルファベットの大文字と小文字の入力も改善することが可能です。

efoを実行することで改善されるものとして、入力の記憶も重要なポイントと言えます。ユーザーが情報の入力を終えて、次のページへと移ろうとしてもエラーが表示されるケースがあります。エントリーフォームが最適化されていない場合は、エラーの表示後に再度情報の入力を行わなければならないという問題が起きてしまいます。

この問題を改善するために入力の記憶ができるようなシステムを作ります。入力の記憶ができれば、仮にエラーが表示されても再度情報を入力する必要はなく、間違っている場所の情報を入力しなおすだけで済みます。

ログの解析機能でエラーの原因を知ることができる

エントリーフォームのエラーはユーザーだけでなく、運営者にとっても悩ましい問題と言えます。何故エラーが頻発してしまうのかを知ることができなければ、問題は解決できません。エラーの頻発によって、ユーザーを離脱させてしまうのは運営者としても避けたい問題ではないでしょうか。

そこで効果的なのがefoです。efoではログの解析機能があります。ログの解析機能によって、どの項目がエラーの発生率が高いかを知ることができます。エラーの多い項目が分かれば、そのポイントを中心にエントリーフォームを改善できるでしょう。

離脱のタイミングについてもデータ解析ができるような機能になっています。離脱のタイミングが分かれば、どの部分でユーザーの不満が溜まっているかを理解することが可能です。離脱のタイミングが多い部分を中心に改善していくことで、ユーザーの離脱率は低下するでしょう。

よりユーザーの離脱率を低下させるためには、離脱のタイミングだけでなく、離脱の条件の知っておくのが重要です。ログ解析機能は離脱条件の分析もできるようになっています。どんな項目が条件となって離脱する人が増えているかが分かれば、ユーザーの利用しやすいエントリーフォームを作りやすくなるでしょう。

入力項目や入力ページの数を減らす

efoの良さを活かすためには、どのような改善策が有効かを知っておくのも重要な要素と言えます。例えば入力項目を減らすのが有効な作戦でしょう。入力項目が多いと、ユーザーは情報を入力する意欲を失ってしまう可能性が高いです。

入力項目が多いページは画面を見ているだけでも目が疲れてしまう印象も強いため、できるだけ入力項目の少ないページ作りが必要になります。入力項目が多いと、入力情報に誤りがあった場合に入力しなおす作業に時間がかかるというデメリットもあります。

名前や住所、メールアドレスといった必要最低限の情報だけに絞ると、見やすい入力ページとなります。入力項目を減らすために、何ページにも分けるという作戦は逆効果と言えます。最初は入力項目が少ないという印象を持っていても、入力ページが多いと入力項目の多さがバレてしまいます。

そのような小手先だけの工夫ではユーザーの離脱率を上げてしまう可能性が高いです。入力ページが多いと、ユーザーがストレスを溜めてしまう可能性もあります。ユーザーに不快感を与えないためにも、入力ページは1つか2つ程度にするのが好ましいです。

また空メールの送信や返信メールからの会員登録といったシステムも避けるのが良いでしょう。メールを経由した会員登録は二度手間になる可能性が高く、ユーザーの不満が溜まりやすい方法と言えます。

efoツールの役割とは?成果に繋がるおすすめツール5選!

スマートフォンにも対応させる

スマートフォンが普及していることを考えて、パソコンからの入力だけでなく、スマートフォンからの入力も行えるようにするのも良いエントリーフォームを作る方法と言えます。ここで重要なのがパソコンの画面とスマートフォンの画面での違いです。

パソコンの画面よりもスマートフォンの画面の方が小さいケースが多く、パソコンでの入力ページをそのままスマートフォンに移植してしまうと、ユーザーがスムーズな入力を行えない可能性があります。そのためスマートフォン用の入力ページを改めて作るのがオススメです。

新しくスマートフォン用の入力ページを作ったときにも、efoのメリットであるログの解析機能は利用しておくのが有効な手段と言えます。パソコンとスマートフォンでは、離脱のタイミングやエラーの頻発する項目が異なる可能性が高いです。

そのためパソコンでのエントリーフォームとスマートフォンでのエントリーフォームは別物だと考えるのが重要になります。